MENU

睡眠不足・寝不足が原因のあなたの改善策とは?

朝起きれない原因として、単純に睡眠不足・寝不足があります。
理想の睡眠時間は、1日8時間、最低でも6時間の睡眠時間は確保したい所です。
そうは言っても仕事が忙しかったり、友達との付き合いなどで家に帰るのが夜遅くなってしまい。自分の用事をしていたらあっという間に夜中の2時3時なんて人も少なくないでしょう

 

もちろん、早く家に帰って早く寝る!つまり睡眠時間を多くするのが一番なのですが、時間の捻出が難しいというあなたにおすすめなのが
睡眠の質を高めるという方法です。

睡眠の質を高める

睡眠について意識が高い方であれば、レム睡眠・ノンレム睡眠という言葉を一度は聞いたことがあるかと思います。
知っていると思いますが復習として簡単にレム睡眠とノンレム睡眠の特徴を簡単に

 

レム睡眠

・浅い眠り
・身体は休んでいるが、脳が活発に動いている状態
・記憶の固定を行う

 

ノンレム睡眠

・深い眠り
・身体も脳も休んでいる
・ストレスを消去している

 

私達の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠を繰り返しています。
朝起きるタイミングとして脳が活動しているレム睡眠のタイミングで起きると、目覚めが良くスッキリと起きられると言われています。
市販の商品で、眠りの状態を把握してセットした時間付近のレム睡眠時に振動を起こしてくれる目覚まし腕時計なんて商品もあります。

 

眠りの深さの段階が移行するのが、寝返りをうつタイミングと一致すると言われています。
なのであなたにあった枕やベッドをみつけることで睡眠の質を高めることが出来ます。

睡眠の質を高める外的要因

質の良い眠りのためには、寝室の環境を整えることが一番大切です
具体例を上げると部屋の温度や湿度・音・光・香りなどが挙げられます。

 

暑くてジメジメした寝苦しい環境では、ぐっすりと眠るのは難しいですよね
逆に寒すぎてもなかなか寝れないし。
眩しいのももちろんダメですがこれは、個人差があり真っ暗が良いという人もいれば少し暗い明かりが無いと眠れないという人も居ます
外で工事の音がして、騒音のうるさい環境であれば、やはり安眠は難しいでしょう。

 

アロマなどを使ってリラックスできる香りに包まれて寝ると安心した気持ちになってゆっくりと質の高い睡眠が取れるのでオススメです。

 

睡眠の質を高めるためにあなた好みの寝室を作ってみてくださいね

 

起きれない原因の1位は眠りの質?

朝起きると腰が痛い、首が痛いなどの悩みがあるなら寝ている寝具があなたに合っていない証拠です
睡眠不足・寝不足が原因のあなたの改善策とは?