MENU

生活習慣の乱れが原因のあなたの改善方法とは?

生活習慣の乱れが朝起きれない原因となっているあなたの場合には、改善方法としては残念なだら生活習慣を見直すことしかありません。ただ、見直すと言ってもどんな風に治せばいいのかわからないという人も居ると思いますので具体的にお伝えしていきます。

 

寝酒、深酒

お酒を飲むと眠くなるので寝付きが悪い時にお酒を飲んで寝るという人もいるかもしれません。
確かにお酒を飲むことで睡眠を誘いやすくなるのですが、睡眠の質としては非常に低い状態です。
アルコールを摂取すると体内で分解するために肝臓がめいいっぱい働き交感神経を刺激している状態なのです
だいたいアルコール分解には3時間程度が必要と言われていますので、眠る3時間前からお酒を飲むのは辞めましょう。
お酒を飲んだあとに、ぬるめの水を大量に飲むとさらにいいです。
しじみに含まれるオルニチンがアルコール分解の手助けをしてくれるので、お酒を飲んだ後にしじみ汁を飲むのも効果的
作るのは、面倒な方はしじみ習慣のような健康補助食品も売っているので上手に活用してみるといいですね。

 

夜食

ダイエットの為に夜18時以降は何も食べないなんていう芸能人も居ましたがそこまで早くなくても良いと思いますが夜食など寝る直前の食事も眠りの質を落としてしまいます。
飲酒と同じような理由ですが、食事をすることで体が胃の消化活動を活発にしている状態なので、眠る体制にならないということです
食事も飲酒と同じように寝る3時間前には終わらせて置くのがポイントです。

 

PC,、スマホ、携帯

夜寝る直前までPCを触っている人も多いかなと思います。最近ではタブレットやスマホなどの普及で、ベッドの中でもスマホの液晶画面を見続けて、そのまま寝てしまうなんて人も増えています。
画面から出ているブルーライトが上質な眠りの為に必要なメラトニンの分泌を抑えてしまうので注意が必要です。
また、人間は光にも敏感で24時間営業の店ではいつまでも昼間のような明るさを感じる事ができますし。家庭用の照明でもかなりの明るさが出ています。身体が夜か昼か区別ができなくなってしまうので、夜は照明の明るさを抑えて薄暗くして置くと、睡眠に入りやすくなります