低血圧・低体温で朝起きれない

MENU

低血圧・低体温が原因のあなたの改善方法とは?

低血圧だから朝が弱い、そんな風に説明をする人が居ますが実はコレ迷信・・・ではなくて科学的に証明されています。
低血圧・低体温が原因のあなたの改善方法とは?
低血圧というのは、心臓から全身に血液を送り出す力が弱いという事です。
朝、目覚めるにはアドレナリンとノルアドレナリンが深く関わっているのですが、アドレナリンとノルアドレナリンを分泌させる副腎の髄質、これは内分泌臓器と呼ばれる臓器が深く関わっています、この内分泌臓器は血圧のコントロールにも関わりがあります。
つまり、低血圧の人はうち分泌臓器が疲労している状態なので目覚めがスッキリしない、朝が弱いということになってしまいます。

 

低血圧を改善するためには、心臓を含めた筋力の強化が必要、そのためにユビデカレノンという酵素成分を体内に増やすのがいいと言われています

 

食事から補うのであれば、イワシや肉類、ブロッコリーなどを積極的に摂りましょう。

 

女性の多くは、常に鉄分不足。
低血圧・低体温に悩んでいます。
しっかりと鉄分を摂取して、健康的な体質を手に入れると毎日の生活がイキイキしてきます。

 

鉄サプリランキングNo1商品

必要な栄養を手軽に摂取できて、仕事もプライベートも思いっきり楽しめるようになる
鉄サプリランキングNo1の美めぐり習慣が、初回66%OFFもちろん送料無料のキャンペーン中
15日間返金保障もついているので、鉄不足が気になっているなら1度試してみる価値ありです。

バナーをタップすると公式サイトが開きます

低体温だと朝おきれないの?

低血圧だと朝弱いは、馴染みがあっても低体温も関係あるというのを聞いたことがある人は少ないかもしれません
でも、よくかんがえていただけるとわかりますが、映画やドラマで雪山で遭難した人が寝たら死ぬぞと言われながらも寝てしまうというシーンがあると思います。

 

人間の身体は、体温が下がると眠くなり、体温が上がると活動的になる仕組みになっています。
体の奥の深部体温と言うらしいです。

 

元々体温が低いと言う方が朝弱いというのも当たり前ですね。

 

改善策としては、体温をあげる働きのあるしょうが汁を飲んだり、白湯を飲むなどがいいですね。
寝る前にも同じように白湯を飲んでおくのも効果的。

 

ちなみに熱いお風呂やシャワーは、交感神経が刺激されるので寝付きが悪くなると言われています
質のいい睡眠をとりたければ38度位のぬるめのお湯にゆっくりと浸かるのがおすすめです。

 

体を温める方法は?

低血圧、低体温は男性よりも女性の方が多くなります。
冷え性と言う女性は、本当に多いです。
年齢を重ねて冷え性になる女性も居ますが、大体は学生時代から
長く体の冷えに悩んでいますね。

 

妊娠を意識する年齢になった時にまっさきにやる事が冷え取りです。
その時に役立つのが生姜やたんぽぽ茶です。
妊活女性が冷えために摂取している栄養をとるのが
低体温を解決する近道だと言えます。

低体温には水素水?

水素水って知っていますか?
最近、テレビで芸能人や雑誌でモデルさんなんかが愛用しているお水です。

 

低血圧・低体温が原因のあなたの改善方法とは?

 

お水の中に水素を入れることで、体のサビとなる原因を取り除くという事で
アンチエイジングや美容の効果を期待して飲んでいる人も多いのですが
水素水の抗酸化作用は、低体温や低血圧に対しても飲むと良いと言われています