MENU

精神疾患(うつ病)が原因のあなたの改善方法とは?

うつ病と睡眠の関係
うつ病での睡眠障害は、じつは真逆の2つがあります
朝起きれない、朝が辛い、目覚めがスッキリしないという熟眠障害
逆に、長く寝ていたいのに早朝に目が冷めてしまい眠れなくなる早期覚醒

 

睡眠とうつ病は密接な関係があります。
不眠が5日続くとうつ病になるリスクがグンッと高まるという研究結果もありますので
不眠に悩んでいる方は、良質な睡眠を取ることを心がけて下さい。

 

では、うつ病の中でも熟眠障害の方が目覚めを良くするにはどうすればよいのでしょうか?

 

熟眠障害の原因と改善

熟眠障害の方は、充分に睡眠時間をとっているのに朝が辛いと言う症状です。
睡眠時間は長いはずなんですが睡眠が浅く、脳が休めていない状態が考えられます

 

つまり、ノンレム睡眠の時間が短いと言う特徴があります。
熟眠障害に効果的な成分として

グリシン

トリプトファン

オルニチン

 

があります

 

グリシンが多く含まれている食材は、牛すじや豚足、鶏軟骨などで
ノンレム睡眠の時間を増やす働きがあることがわかっています。

 

トリプトファンが多く含まれている食品は、ひまわりの種、豆乳、すじこなどで
睡眠に深く関わりのあるホルモンであるメラトニンのざいりょうとなるセロトニン
そのセロトニンの材料となるのがトリプトファンです。

 

オルニチンが多く含まれている食材は、しじみやチーズなどで
必須アミノ酸の一種で肝機能の働きを高める役目があり疲労回復や睡眠の質を高める効果があります。